兄貴の彼女にしてもらったフェラ《H体験まとめ》 - アダルトH体験談まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

兄貴の彼女にしてもらったフェラ《H体験まとめ》

昨日久しぶりに一人暮らししてる兄貴んちにいくことになったんだ。
んでいざ夜の10時ころにいくと、なんと兄貴が彼女連れてきてた。
おいおい、話と違うじゃんか…。焦りつつも仕方なく同席することに。
「彼女がさ、どうしても俺の弟みたいっていうから連れてきた」
兄貴はオレにそう言うと紹介しはじめた。
「あっはじめまして…弟のあきらです…」
緊張しながらもぺこぺこ頭さげた。
「こう(兄貴)に似ずにイケメンじゃん」
兄貴の彼女は少し酔ってるらしくふざけながら話しかけてきた。
「オレのほうがイケメンだろ~理沙(兄貴の彼女)」
兄貴も酒がはいってるらしく顔を赤らめながら俺の頭を意味不明に叩いてきた。
久しびりに会うんだから酒がくらい控えろよ。そう思いつつもオレも酒をすすめられてた。



ちっちゃなこたつに足をつっこんで三人でしばらく酒を飲んでた。
理沙さんは見た目がギャルっぽくてはじめは話があうか心配だったけど
酒を飲むにつれて話もあい、盛り上がっていった。
やっぱ兄貴の彼女だけに俺とも気があうんだな。
このときなんか血のつながりの偉大さを無駄に覚えた。
 
オレも他の二人と同じように顔が赤くなってきてた。
オレは酒があまり強くないからこのときすでに結構頭がぼんやりしてた。
でも理沙さんのある行動でそのぼんやりがふっとんでしまった。
「あたし、ちょっとトイレ」
理沙さんはそう言うとこたつから足を出しトイレに洗面所の方に歩いて行った。
 
このときになって俺ははじめて理沙さんの脚を、というか下半身をみることになった。
といのも、俺がきてから彼女はずっとこたつに入りっぱなしだったため
上に薄い白っぽいセーターを着てる姿しかみていなかった。
まあ下にはスエットとか適当にラフな格好なんだろなとは思ってた。
でも驚いたことに、彼女はセーターに隠れるか隠れないかくらいのかなりミニのホットパンツを履いてた。
太もももムチムチで尻を振るかんじでトイレに向かっていった。
 
「理沙さん、かなりの美脚やね」
ホットパンツフェチの俺は無意識に兄貴にそう言っていた。
「いい女やろ?お前もはよ女つくれよ」
兄貴はニヤニヤしながらビールに口をつけてた。
もう兄貴は完全に出来上がってた。
奥で音がすると理沙さんが戻ってきた。彼女がこたつにはいるまで
オレは彼女のふとももをガン見してた。酒の勢いで照れとかふっとんでた
 
「あきらくんそんな恐い顔してどうしたの?」
理沙さんはこたつにはいるなり、くすくす笑いかけてきた。
「こいつお前のふとももやらしい目でみてるぞ」
兄貴はちゃかすように俺をからかってきた。
「い、いや、そんなんじゃないですから。兄貴、余計なこと言うんじゃねーよ」
なんか、理沙さんには悟られたくなくて恥ずかしかった。
 
「あきらくんもこうと同じでエッチなんだね~」
理沙さんも俺をちゃかすように上目遣いで話してきた。
オレはよく痴女もので抜くことが多かった。
だから、理沙さんのこの態度は決して嫌なものではなく、むしろもっと言ってくれよ、みたいに思ってた。
このときアソコは半起くらいになってた。
 
「じゃあ、オレ先に風呂はいろっかな」
酔いも少しさめたころ兄貴は風呂にはいるといいだした。
「オレ上がったらあきら、次はいれよ」
「わかった。理沙さんはどうするの?」
オレは兄貴と理沙さんを交互にみながら言った。
 
「あたしは今日、終電までに帰るし気にしなくていいよ」
「えっ、お前今日泊らないの?」
「うん。弟さんとゆっくりしなよ」
「おーそうか。まっだるくなったら泊まってけよ」
兄貴はそう言って風呂場へと消えていった。
そして…おれは理沙さんと二人っきりになってしまった…。
下心なんてあるわけもなく、むしろ緊張しまくってた。年上だし

「あきらくんは今彼女とかいるのー?」
「え、いや居ないよ。」
「何で。イケメンなのに。」
「何でっていわれても・・・むしろどうやったら出来るのか知りたいよ。」
「よし、じゃあお姉さんが教えてあげましょう。」

平静を装うが、二人きりになって初めて名前呼ばれて内心すげドキドキしてた。
「何か秘策でもあんの?。」
「そうだなー、例えばさ」
ここでずっと対面に座ってた理沙さんが俺のすぐ隣に移動した
何かと思ったらいきなり手を握られて
「こうやって、手を握られたらドキドキしない?。」
「するかも。」
酒もあってか心臓がすごい勢いで動いてた。音聞こえるんじゃねーのってくらい
さらに理沙さんは俺の顔にかなり近いところまで顔を近づけてきて
「こうやって顔が近いとドキドキしない?。」
この時点で俺の息子は全力で主張しまくっていた

「確かにドキドキするね。。」
「でしょ。」
ここで理沙さんは元いた場所に戻る。

「こうやってドキドキさせれば良いんだよ。」
「はー。なるほどね」
と、ここで兄貴が帰還。はえええ。。っていうかあぶねえ。。
もうちょっとで兄弟の関係がぶっつぶれる所だった

兄貴に則されて風呂へ行く俺。全力で主張してた息子と親子のコミュニケーションをはかる

「すまんな、ぬかよろこびさせて」
息子「いいでやんす。。いつもでやんす。。気にしてないでやんす。。」
「おおお!そうか!さすがは俺の息子!」

とか何とかやってたらいつの間にか40分くらい風呂に入ってた

風呂から出ると、理沙さんは更に酔いが回ってるみたいだった
俺は息子とのコミュニケーションとお風呂でかなり酔いがさめてた

「おかえりー」
「長風呂だったな。お前オナニーしてただろ。」
「してねーよ。。」
ちなみに兄貴は俺のオナニーが風呂派なのは知っている
「しょうがないよ。。10代だもん。」
理沙さんも乗ってくる。ていうかあなたのせいなんすけど。

で、そこからまた酒を飲みながらボンバーマンとかで盛り上がる。
理沙さんがガチ強くてフルボッコにされた。

気が付くとかなり遅い時間になっていた
「理沙、お前電車もう無いんじゃない?」
「んー、そうかもー。泊まってっていい?」
「いいよ」
「じゃあお風呂借りるねー」

理沙さんが風呂へ行き、兄貴が布団とトランプを持ってくる
兄貴に理沙さんとの馴れ初めとかを聞く。向こうからアタックしてきたらしい
かなり積極的なのは分かったが、話を聞きながら自分がちょっと嫉妬している事にびっくりした

「ただいまー」
「おう。さあ、早く席につけ!ボンバーの借りは大富豪で返す」
「理沙さん、僕達兄弟のコンビネーションに勝てますかね・・・ほほほ!」
「なんで結束してんの。」

そこから大富豪で盛り上がる。途中で酒が無くなり兄貴が買い出しへ行く事になった

「いってらっしゃいー」
「いってらー。あ!プッチンプリンね!」
「はいよ」ガチャン

あの兄貴の事だから、きっとヤンジャンとバキ読んでくるだろう。
40分くらい理沙さんとの二人だけで居る、とか。さっきの話の事を考えていたら息子は再び雄たけびをあげていた

「どうしたの。」
理沙さんの目を見てると不思議と吸い込まれてしまいそうになるので、
大富豪の時から目をあわさないようにしていた。
大富豪中は不思議には思われなかったのだろうが、二人きりとなると
相手の目を見ないのは失礼です!っていう先生ばりの空気がただよう
「いや。なにが。」
「何かそわそわしてない?。目線キョロキョロしてるし」

うるせーよ。。目を見たら息子がクーデター起こして女の子になっちゃいそうなんだよ!!

「いや、別にそわそわしてないよ。」
「じゃあ何でキョロキョロしてるの。」
「キョロキョロしてるかな?」
「してるよ。。めちゃくちゃ。 こっち見てよ。」
「してないです。。見たくないです。。」
この時点でちょっと言い訳するのが苦しくなっていた。
「なんで?」
「何でって」
目を合わせてしまった。やばい、ちょっともう無理かもしんまい

「あの、笑わんといてね。」
「え」
「ドキドキするので目線合わせたくないんです。」

当然爆笑される。分かっていた!分かっていたけどちょっと酷い!

「あっはははは。。ばかじゃん。。」
「あの兄貴と血が繋がってるんで・・・」
「確かに。。そうかもね。。じゃあしょうがないね。ゆるす。」

何をゆるされたのかよくわからなかったが、まあ良い。何かふっきれた。
ここぞとばかりに理沙さんをガン見してみる

「ん?。」
と首をかしげて若干上目使いで見てきやがる。。絶対わざとだこいつ。

「いや。見てるだけ。」
「そっか。」
「うん。」

何か色々楽しくてニヤニヤが止まらなかったと思う。
ついでに息子のムクムクも止まらなかった。

「そんだけ目力あればきっと彼女できるよ。」
「え。」
「君の目、っていうか君たちの目。すっごい良いよ。やっぱ兄弟だねー。」
「目?って?」
「いや、君たちの目力やばいよ。結構女ココロをくすぐる感じなんよ。」
「へー。」

目力がどうのってはじめて言われたから良く分からんかったけど、
何か褒められている気がして嬉しかった

「じゃあ、こうやって見てたら理沙さんもドキドキするの?。」
「え。うん。。ちょっと。。」

多分その10倍は俺がドキドキしていたと思う

と、ここで兄貴から電話が・・・

「すまん・・・飲酒運転で捕まった。先寝てて」

バカ兄貴。。。。。車で行きやがったのか。。。
いやでもココは、あえて言おう

バカでありがとう。。。。俺のココロと息子が。。踊りだす。。。。

「兄貴・・・バカかよ・・・」
「ね・・・」
「・・・」
「・・・」

微妙な空気になる・・・。兄貴何やってんだ。まじで
理沙さんと二人きりなのは正直嬉しいけど
今会社とかにも知らされるかもしれないんだぞ?それでクビとかになってしまうかもしれんのに・・・

「・・・」
「ボンバーする?。」
理沙さんが気を利かせてくれて、再びボンバーをやることに

残った酒をちびちび飲みつつボンバーでフルボッコにされる。正直ちょっと楽しくない
「何か賭けようか。」
「え」
「いや、ほら。あきらくんやる気出るかと思って。」
「でも。俺負けっぱなのに賭けても勝てる気がしない。」
「んー。じゃあこうしよう。私に勝てたら何かひとつ言う事を聞いてあげようじゃないか。」
よろしい、ならば全力だ
だがしかし、理沙さんは強かった。あり得ない。ボムキックの使い方が神すぎる・・・
だがここで最強ブレインあきらは一つの必勝方を見つける。

最初自爆して、ミソボンで倒せばいいんじゃね?

この作戦を思いついた瞬間ニヤニヤが止まらなかった。息子も俄然やる気になった。
後は実行に移すだけだ・・・ははは!もやはこの勝負もらった!
「ちょ。。それは卑怯。。」
「卑怯でも勝ったもん。」
「さいてーだ。。」

妙案の末勝ち取った勝利とご褒美に、ドキドキが止まらなかった。

息子「これは。。いよいよでやんす。。やっと私の出番でやんす。。」
「そうみたいだな!!ここからの主役はお前だ!!!」
息子「精一杯頑張るでやんす。。」

「で。何すればいいですか。」
「えっと・・・。どこまでいいの。」
「どこまでって。。何させるつもりなの。。」
「え。。そりゃあ・・・10代ですから。」
「まじで。」
「割とまじです」
「・・・いいよ。でもエッチはなしね。さすがにコウに悪いから」

「でもひとつだけね。」
「あー!そうか・・・。」
「うん。。」

何ていえば一番楽しめるだろうか。恐らく俺の人生で一番脳味噌の稼働率が高かった

「よし!決めた。」
「はい。どうぞ。」
「えっと、『俺を気持ちよくしてください』」
「。。」
「笑うな。」
「それは肩でももめばいいの?。」
「いや・・・あの。性的な感じでお願いします。」

「しょうがないなー。 じゃあ、そこに寝て」

布団に横になると、理沙さんが上からまたがるようにして俺に覆いかぶさってきた
まず耳のすぐ下の首筋にキスをされた。その辺りを舌でなぞるように舐められた・・・
息子がもう主張しすぎて、スウェットだったからかなり大きな山を形成していた
そして、理沙さんは服の上からちくびをツンツンすると
「どこ触ってほしいの?」と聞いてきた

Sの人がおるでー!!!と全力でさわぎたかったが、吐息しか出てこなかった。最高にドキドキしてた

そこから順番に胸の下、お腹、おへそ、を
「ここ?ここ?ここ?」
と言われながら、つんつん。と指でつつかれた。

「ここ?ここ?ここ?」と順番に胸から下の方に指でつんつんしていくと
最終的に俺の息子にたどりついた
「ここ?触ってほしいの?」
「うん・・・」
「いいよ。」
と言って、服の上から手全体を使って包み込むようにさすってくれた

次第に触る強さが強くなり、さするからなでるになっていき
理沙さんは俺のスウェットの中に手を入れた

じかに俺の息子を触りながら、首やら耳やらを舐める理沙さん。
「ぬいで」
と言われて、下を脱ぐ。

「わー。すごいべとべとなんだけど。」
「ごめんなさい。」
「えろいなぁ。」
「理沙さんも。」
「うん。。知ってる。」

と言って、理沙さんは俺の息子に舌を近づけた

袋を舐めながら、理沙さんの手は動く
「やばい・・・もう行きそう」
「いいよ、出して」
理沙さんの手が早くなる。

理沙さんを見ると、理沙さんもこっちを見ていた。上目づかいで舐めながら
手でしごきながら、こっちを見ていた。

この女・・・出来る・・・
とか思う間もなく息子から大量の精子が飛び出した

よく女性が感じている表現で「電気が走るよう」ってのがあるけど、そんな快感男には味わえないだろ。とか思っていた
しかし、この時本当に電気が走るように気持ちが良かった。自分でするのと人にしてもらうのとこんなにも違うもんなのかと

「いっぱい出たね。」
「・・・うん・・・、ふう・・・」
「よーしよし、疲れたね。よーしよし。」

精子をティッシュでふき取ると、理沙さんはキスをしてくれた
布団で30分くらい抱き合ったりキスしたりしてまったりしていた。
今思うと途中で兄貴帰ってきてたらどうしてたんだろうか。

「気持ち良かったですか?。」
と理沙さんは聞いてきた。出た瞬間の俺ならば「はい」と即答していたに違いない」
だがしかしハイパーブレインあきらはすぐさま最良の答えを導きだした
「あ、えっと。いや!。。気持ちくなかったです。」
「まじすか。。」
「まじです!なので、今度もっかいしてください。」

これが最良の答えだ!これならばもっかいしてくれるかもしれない!!

「お願いひとつだけでしょ。。ずるくない?。」
「いや、だってまだ気持ち良くなってないし。」
「あきら君きみは悪い男だな。。」
「いやいや。理沙さんには叶いませんよ。」

気持ちかった。とても気持ちかった。
しかし、同時に何かよくわからない感情が出てきたと思う。
多分これは、ドキドキの向こう側にある感情だ。
でも兄貴の彼女なんだよな、うん。どうしようかな。。これ。。


関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © アダルトH体験談まとめブログ All Rights Reserved.
当サイトの画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。